恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

病気が体内で広がる時

ドクターとナース

多くの人がかかる病気

現代の日本社会では、多くの人が生涯のうちでがんにかかってしまうと言われています。また、その割合としては、約3人に1人であるとされています。このがんという病気は、異常をきたした細胞が際限なく増殖してしまう特徴があります。このように細胞が急激に増加してゆく時に、元々の場所からいろいろな場所に転移を起こしてしまいます。転移先についてはさまざまな場所が考えられ、例えば、他の臓器であったり骨であったりします。このように、がん細胞が転移を起こしてしまう状況に陥ってしまうと、その後の治療がとても難しくなります。この理由には、あちこちに飛び散ってゆくがんを、手術したり薬剤を用いて治療していくのが難しいという事情があります。

最近人気の治療法

がんが転移を起こしてしまい大変な状況になった時に、治療の方法にはそれまでとは違った方法をとるべきです。大切なことは、がん細胞の増殖を生み出している自分の体を、もとの正しい状態に戻すことです。このように、がんに対して異なるアプローチをする必要があります。そのような時の治療としては、最近人気の出ている免疫療法が、高い効果を期待できます。この治療法では、がんの特定の場所を治すのではなく、体の免疫力をもとからアップさせるという方法がとられます。免疫療法では、体全体の状況を改善することにより、体内にはびこっているがんを根絶することを目指します。そのため、体のあちこちに転移してしまったがんの場合は、この治療法がよく選択されています。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.