恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

脳に発生する疾患について

ハート

代表的な脳の疾患について

脳に発生する疾患と言っても様々なものがありますが、中でも代表的なものに脳腫瘍という疾患があります。脳腫瘍とはその名の通りに脳に出来る腫瘍の事で、発生する場所等によって腫瘍に付いている名前が異なってきます。複数の種類がある脳腫瘍の中でも有名なものの一つに、脳の中にある膜の一種であるくも膜に発生する髄膜腫があります。 くも膜は脳の表面を覆っている膜の事で、この膜を形成している細胞から腫瘍が出来ると、だんだんと脳を圧迫していきます。脳が圧迫されると体のどこかに麻痺が発生したり、視覚に障害が出たり、眩暈が頻繁に出る等の症状が出ます。ただ最近ではMRI等の検査の技術が発達してきているので、症状が出る前に発見される事も多くなっています。

治療方法等について

髄膜腫はほとんどが悪性腫瘍ではないので、綺麗に除去する事が出来れば完治出来る確率がとても高いです。そのため髄膜腫の治療方法としては、手術で腫瘍を取り除くのが基本的で確実な治療方法として選択されます。ただ、手術をする前には腫瘍の大きさや状態を確認する必要があるので、MRI等での念入りな検査を行なう事になります。 髄膜腫が出来る場所は頭蓋骨の内側の部分になるので、手術となるとそれなりに手間取る可能性が出てきます。また腫瘍の中に血管等が巻き込まれていると手術は困難を極める事になり、特殊な技術を持つ医師でないと対応出来なくなります。ちなみに万が一手術で腫瘍が取りきれなかった場合には、手術後に改めて放射線治療等を行なう事が多いです。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.