恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

乳がんに関すること

女医

市区町村は広報活動を

市区町村がやっている乳がん検診を受ければ、費用は市区町村が補助してくれると言うことを知っておきましょう。当然、個人の金銭的負担は少ないわけです。 しかし、このことを知っている人は多くありません。市区町村がやっていると聞くと、あまり意味がないと決めつける人もいます。今後は、市区町村の乳がん検診を多くの人に知ってもらうために、自治体は広報活動に力を入れてくるでしょう。また、乳がん検診の費用の補助が出ると言うことが分かれば、受ける人も増えると考えられます。 ちなみに、個人が負担する額は、1000円から3000円程度です。しかし、市区町村によって負担額は変わってくるので、事前に調べておいた方がいいでしょう。

病院に行った方が

乳がんを発見するために自己検診をしている人も多いですが、必ず発見できるとは限りません。やはり、病院で乳がん検診を受けた方が確実でしょう。 病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。これらを行った結果、異常があると言うことになったら、組織検査に進みます。 よく、60歳を過ぎたら乳がんになることはないので、乳がん検診を受ける必要はないと言います。しかし、それは完全なる誤解です。確かに、30代から40代の人に比べれば、乳がんになる確率は高くありません。しかし、60歳でも乳がんになることはあります。超音波検査を受ける必要はありませんが、マンモグラフィ検査は受けましょう。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.