恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

急速に増えてきているがん

聴診器

検診で危険な状態を防ぐ

日本人でがんになる人が増えていますが、中でも大腸がんは男女ともに目立ってきています。特に、女性はがんで亡くなる人の1位を占めているほど深刻な状況です。大腸がんは、初期の段階では症状は分かりづらく、進行してから血便や下痢などが表れてきます。この異常に気付いて受診する人が多いのですが、この場合だと大腸がんがひどくなってることが多いので大変危険です。大腸がんは初期に発見されれば、治療で完全に治すことのできる病気です。そのため、早めに気付くことが大切で、それには定期検診で状態を知ることができます。便を採取して調べていく方法や、内視鏡での検査も行われています。大腸がんは加齢とともに可能性が高くなるので、年齢を考えて毎年受けていくようにしましょう。

原因と予防

大腸がんの原因は、欧米化の食生活で、動物性たんぱく質や脂肪などを多く取るようになったことが挙げられます。この食生活の変化で昔と比べて患者数は増加し、今ではがんの死亡率の上位となりました。女性に大腸がんが多い理由は、便秘の人が多いことや、検診率の低さが関係しています。便秘により、腸の中で便が長い時間とどまるので、これが大腸がんが発生しやすい環境となってしまうのです。大腸がんを予防するには、食生活を見直していくことや、定期的な運動も効果的です。女性は特に、便秘を解消していくことが必要で、検診を積極的に受けていけば深刻な事態を防いでいくことができます。大腸がんは、これからもその患者数が増えてくることが予想され、その時間も長くはないと言われています。食生活の見直しと運動、そして検診がその可能性を低くしてくれるので、意識して取りかかっていくことが大切です。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.