恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

肝臓に関わる病気

ドクター

胆管は、肝臓から十二指腸までの胆汁の通り道です。胆管の上皮部分に悪性腫瘍ができることを胆管がんといいます。胆管がんには周りに浸透していくタイプの浸潤性発育と、腫瘍が膨張するタイプの胆管内発育と、腫瘍同士で固まって大きくなっていく腫瘤形成性発育の3種類に分けられます。原因として、食生活の乱れや胆管炎などが挙げられています。胆管がんになると、黄疸や白色便、食欲不振、発熱などの症状が出てきます。食欲不振や発熱などの症状は、進行が進むにつれて発生する場合があります。異変を感じた場合は病院に行って診察してもらうと良いでしょう。検査方法としては、血液検査、超音波検査、CT検査やMRI検査等で検査していきます。

胆管がんを治療する方法は、摘出手術、薬物療法、放射線療法があります。これは胆嚢癌も同じなのですが、薬物療法や放射線療法は、がんの転移などで摘出できない場合に行われることが多いです。摘出手術は腫瘍の大きさや進行状況によって、摘出する範囲が変わってくるので、医師としっかり話し合うことが大切です。治療後も経過観察が重要です。摘出手術で腫瘍を取り除いても再発の可能性は残りますので、定期的に通院して検査を受けるようにしましょう。日常生活ではまず食生活の乱れを改善していくことが大切です。脂肪分をあまり摂りすぎないようにして、栄養の整った食事を心がけてください。生活習慣に気を配ることで、ガンになる可能性を防ぐことができます。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.