恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

希少がんの治療法について

看護師

進行したがんにも有効です

腹部に発生するがんの中でも、比較的稀なのが十二指腸がんです。十二指腸がんは、十二指腸に出来たポリープなどの良性腫瘍から発症することが多く、早期の場合には組織検査を通じて診断がされます。症例数が他のがんに比べて少ないことから、医療機関によっては十分な診断や治療が出来ず、最悪の場合病気が進行してしまうこともあるわけです。 こういったケースでも対応出来るのが、最近人気の免疫細胞療法です。この方法では、体内から免疫細胞を採取して攻撃力を高めて再び体内に戻します。こうすることで、体の免疫力が高まりがんの勢いを弱められるとされているのです。この療法は、抗がん剤のような副作用を伴わないことから、十二指腸がんのような希少がんや進行がんにも有効とされ利用者を増やしています。

治療が併用されるでしょう

十二指腸がんの治療では、完治を目指すために膵頭十二指腸切除術と呼ばれる大がかりな手術が行なわれることが多いです。この手術は腹部の外科手術の中でも負担が大きいことで知られており、術後の生活にも様々な後遺症を残します。十二指腸がんがある程度進行している場合にはポピュラーな手術法ですが、最近では患者自身がこういった術法を敢えて避けるケースもあるのです。 特に高齢者や体力の落ちている方の場合には、より負担のかからない治療を希望することが少なくないと言えます。免疫細胞療法は、そのような場合に有望な選択肢となるわけです。今後は、体力温存を重視する方が免疫細胞療法を選択するケースがさらに増えていくと予想されます。通常のがんの治療と併用するスタイルも一般化すると考えられるのです。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.