恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

がんの死亡1位

医者

喫煙はリスクを高める

日本人のがんによる死亡1位となっている肺がんは2013年度の統計によると5万2千人となっています。女性よりも男性の肺がんによる死亡率は高く、肺がんによる男性死亡者の7割はたばこ喫煙者となっている為たばこの喫煙による影響は明らかです。また喫煙をしていなくても喫煙者の周りにいるだけで副流煙を吸うと肺がんリスクが20%〜30%高まると言われています。肺がんの症状は咳、血痰、胸の痛みや呼吸時のゼーゼー音などです。がんの部位によっては初期にはこれらの症状が現れない事がある他、咳などは風邪の症状に似ている為定期的な健診を受けるなど注意が必要です。健康診断などのレントゲンで異常が見つかると再検査となりより詳しい検査の痰の中の細胞を調べたり必要があれば内視鏡などで観察を兼ねて組織や細胞採取をした上で肺がん検査を行います。

がんに有効な治療や機器

肺がんの診断がされると治療としては基本的にがんのある肺の一部、もしくは左右どちらか片側をすべて取り除く全摘出を行う手術を行います。他の治療方法としては薬物療法や放射線治療がありますが薬物療法と言われる抗がん剤治療は強い副作用が出るとして知られていますが副作用は研究によって減少してきています。放射線治療においてもがん細胞にのみピンポイントで狙い撃つ事が可能な放射線治療もおこなう事が可能でがん治療に効果的かつ副作用が減少されつつある方法が研究されています。また、肺がんをより早い早期発見に役立つと期待される呼気中の成分から発見する事ができる検知器を開発したと2015年10月に発表されました。実用化は2017年の予定となっており実用化が期待されています。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.