恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる

ニュース一覧

脳に発生する疾患について

ハート

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

希少がんの治療法について

看護師

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

乳がんに関すること

女医

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

死亡原因になる病気

カウンセリング

がんは、早期発見により治療できる可能性も高まる病気と言え、死亡の多い病気だからこそ研究も日々行われているため、さらに死亡リスクは低くなる事でしょう。また早期発見できる環境を整える事で、がんなどが転移する前に治療もできるかもしれません。

詳しく見る

肝臓に関わる病気

ドクター

胆管がんの治療法は色々とあります。どの治療を行うかは、医師とよく話し合って決めていきましょう。また生活習慣を見直して、規則正しい生活を送るよう心がけてください。日々の生活を正すことで、ガンを予防することができます。

詳しく見る

がんの死亡1位

医者

日本人のがんによる死亡率が1位となっている肺がんは早期発見を見逃しがち、または症状が出ない事がある為定期的に健診を受ける、ちょっとした症状でも医師に相談などにより発見が早くなります。治療方法は手術、薬物療法、放射線治療であり医師の診断によって治療方法が決まります。

詳しく見る

急速に増えてきているがん

聴診器

大腸がんにかかる人は年々増え続け、将来は男女ともにがんの1位を占めると言われています。食生活の変化や便秘が原因となってしまうので、予防するには生活習慣を見直していかなければいけません。働き盛りの年代は特に、毎年1回は検診を受けるようにし、自分の体を守っていきましょう。

詳しく見る

病気が体内で広がる時

ドクターとナース

がんという病気は、異常をきたした細胞が際限なく増殖するという特徴があります。がん細胞が転移を起こす状況になってしまうと、その後の治療が難しくなります。体のあちこちに転移してしまったがんの場合は、免疫療法がよく選択されています。

詳しく見る

女性特有のがん

医者

卵巣がんは女性に特有ながんです。卵巣には多くの腫瘍ができやすい臓器になっていて、ほとんどは良性のものですが悪性になるとがん化してしまいます。主な治療方法には外科的に切除してしまう方法がありますが、再発してしまうとほとんどその根治が望まれません。

詳しく見る

直腸に発症する癌

病院

近年食生活の欧米化により、発症が増加傾向にあるガンが直腸がんです。大腸がんの一種である直腸がんの症状が、血便や便秘、腹痛などの症状が現れます。これらの症状が現れたらすぐに大腸肛門科で検査を行いましょう。食事は野菜や魚を積極的に摂るようし、毎日適度な運動を行うことが直腸がんの最大の予防になります。

詳しく見る

女性が注意したい病気

胸元

乳がんは、昔と比べてその患者数が増加しています。食生活や出産の有無が大きく関係してくることから、完全に避けていくのは難しい病気でもあるのです。しかし、定期的に健診を受けることによって早くに発見していくことができるので、負担を大きく抑えていくことができます。

詳しく見る

進行の遅い病気

ドクターとナース

絶対慌てないこと

がんが転移する、この言葉を聞いて恐ろしいイメージを持つ人も多いことでしょう。病気のイメージが独り歩きをして、世の中の人は不必要にがんを怖がります。しかし、この病気は、他の病気と違って非常にゆっくり進行します。急激に悪化する病気であれば、転移する前に人が死んでしまいます。従って、転移があったとしても、それほど深刻になる必要もないのです。がんの治療は、ゆっくりと時間をかけて行うので、体力的に持ちこたえられる人であれば、転移がんも治療が可能なのです。治療に必要なのは、先ず病気と向き合うことです。治療時間は十分あります。医師との連携も大事ですが、自分の側としても病気に打ち勝つ意欲をしっかり持つことです。

原因をしっかり絶つこと

病気には原因があります。生活習慣病と言われるがんも、普段の食生活や行動の中に原因となることが含まれています。病気と診断されたら、勿論治療をしっかり受けることが先決ですが、同時に自分の生活習慣も見直す必要があります。そうでないと、いくら良い治療を受けても、効果が得られません。病気の原因となっていたこと、悪影響を与えていた習慣を改善してこそ、確実な治療ができるのです。がんの原因としては、食生活が大きな割合を占めています。自分の食生活を変えて、健康的な内容にするだけでも、治療の半分は達成すると言われています。治療と生活の見直し、そして前向きな気持ちを持つことで、転移したがんが完治したという事例もあります。

オススメ記事

ハート

脳に発生する疾患について

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

詳しく見る

看護師

希少がんの治療法について

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

詳しく見る

女医

乳がんに関すること

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 恐ろしいがんは予防や治療中の行動で転移を防げる All Rights Reserved.